« MD5の脆弱性を用いた証明書の偽造 | トップページ | Unicode固有文字とUnicode依存文字 »

2010.09.15

田中舘博士のタイプライタ

昨年の9月に岩手県二戸市にある田中舘愛橘記念科学館に行ってきた。そこに展示されていたのが写真のタイプライタである。一見して通常のQWERTY配列ではない事が解る。かといって、Dvorak配列でもない。調べてみたところ、これは日本式コロナと呼ばれているタイプライタの配列である事が解った(田中館愛橘・タイプライタ・日本文化)。

P9210112

キー配列を以下に示す。(写真から読み取ったため誤りを含む可能性があります)

- L Y O U M N R B J X
, W I A E S T K H Q ^
. F Ô Û C Z D G P V

尚、上記の「田中館愛橘・タイプライタ・日本文化」に示された「日本式4段コロナ機の配列」と比べるとWとFが入れ替わっている事が解る。これは本文中の「それで、この "w" とその上のホーム段の "f" とを入れ換えてはどうかと考え、出張中ではあったが、さっそくパリでタイプライタをそのように改造してもらったら、確かに改良となった」の記述と関係があると思われる。

« MD5の脆弱性を用いた証明書の偽造 | トップページ | Unicode固有文字とUnicode依存文字 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田中舘博士のタイプライタ:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/16 08:57) [ケノーベル エージェント]
二戸市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« MD5の脆弱性を用いた証明書の偽造 | トップページ | Unicode固有文字とUnicode依存文字 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Googleアナリティクス

  • Googleアナリティクス