« SHA-1の強衝突耐性が破られた | トップページ

2017.07.27

IPv6のアクセスが20%に達する

前回の記事では、IPv6でのGoogleへのアクセスが全体に対し2015/12/31に10%に達したと述べたが、同じサイトで 2017/7/22 に 20.10% に達したことがわかった。

5%から10%は15ヶ月かかっていたが、10%から20%は19ヶ月かかったことになる。2016年12月のInternet Watchでの予想では、「2019年に50%を超える」とのことである (このペースではちょっと厳しいか?)。

以前はIPv6には「キラーアプリケーションがない」と言われることもあったが、IPv6とIPv4の両方で同じサービスが受けられることを前提にしている今のやり方では、IPv6のみでアクセスできるアプリケーションなどあるはずがない (あってはいけない)。私は、IPv6の普及には、IPv6のほうが安い・高速・安定しているといった接続環境としての差別化が必要になると考えている。

土日に比率が高くなる傾向は以前から続いているが、最近は金曜日から比率が高まる状況にある。これはインドでの普及率の上昇 (と、その背景にあるIPv4アドレスの枯渇) が原因にあるのかもしれない。モバイル環境からのIPv4のアクセスがNAT経由になると、IPv6のほうがコスト的にも速度的にも有利になる。その時、意外と急速にIPv6への移行が起こるのかもしれない。

« SHA-1の強衝突耐性が破られた | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IPv6のアクセスが20%に達する:

« SHA-1の強衝突耐性が破られた | トップページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Googleアナリティクス

  • Googleアナリティクス