2004.03.09

CSS の直接編集

こけさんの日記(2004-03-05)」に、「ココログは良く出来てるんだけど、(中略)思ったほど見た目をイジれない」とあったので、ふと思い付いて styles.css を直接編集してアップロードするという強行手段に出てみました。

今までよりも多少記事が読みやすくなったと思うのですが、いかがでしょうか、と思ったら投稿時に上書きされて元に戻ってしまうようです。残念 (^^;;

→と思ったら CSS の直接編集は有料サービスになるようです。(加筆2004.3.17)

2003.12.08

新しいblog

性懲りも無くまた新しいblogを立ち上げてしまいました。

前のサイトもそれほど不満はないのですが、やっぱり blockquote は魅力的だったので…

まだデザインもちゃんとしていませんが、見切り発車で運用します。

2003.10.14

続テスト

CGIを載せるサーバをどこに置くかが問題になったわけだが、そもそもblogを始めてみたいと思った訳であって「blog用のCGIの設置をやってみたい」と思った訳ではない(いや、まったく思わない訳でもないのだが)。最初はblogってちょっと面白そうだと思ったことであって、だからこそ「してみんとてするなり」という訳である。

だから、CGIの設定やら面倒なことはとりあえずしなくて良いことにして、出来合いの、しかも無料で利用できるサイトを探せば良いではないかという虫の良い話を考えた。

ところがである。そもそもblogというものが良く解っていないこともあって、無料で利用できるblogのサイトというものが果たして存在するものなのか、存在するとして参加にはどのような心構えが必要なのかが分からない。適当に始めて顰蹙を買ったら撤退するという手もあるが、仮にもblogという形で(日記ほどでないにせよ)人格の一部を曝け出す以上あまりみっともない真似はしたくない(と思う。恥の文化の人なのです)。

であれば、既に完成しているコミュニティー(そんな所があるのかどうか判らないけど)に参加するのは慎重にならざるを得ない。もう少しblogというものが良く解ってからにしようと考えていたのである。(続く?)

これもテストです

CGIが置けないなら、置ける場所を探せば良い。場所の候補としては自宅内に置くか、自宅外に置くかの択一であろう。自宅外の場所は持っていないため借りるしかない。単にちょっと試してみたいだけであるのに有料のレンタルサーバを借りるのは大げさだ。しかし、無料のレンタルサーバはいろいろ制約があって面倒(のような気がするの)だ。
自宅ならどうか。自宅であれば制約は少ない。blogの設置は容易ではないらしい。経験のない作業となればすぐ手元でできたほうが簡単だろう。しかし、自宅にサーバを設置して公開するとなると、それなりに管理コストが発生するし電気代もかかる。(さらに続く?)

これはテストです。

最近は、blog(Web log)なるものが流行りだと聞く。「Web日記」が流行っていた頃は「日記」を公開することへの違和感があり、自分では書くまいと思っていた。しかし、 log(日誌)なら公開でも問題あるまいという、ある種つまらない言葉の問題であっさり心理的障壁をクリアし、やってみたいと思っていたのである。ただし、blogは単なるWeb日記とは異なり、動的生成ページで格好よくやるものらしい。私が普段借りているサイトはISPの無料サービスの一部であり、かつ、非常に古いサービスになってしまっているため、CGIは置けないのである。(以下、続く?)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Googleアナリティクス

  • Googleアナリティクス